透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

スウェーデンで男女混合裸サウナを堪能。これはハマってしまう。

御機嫌よう。 最近は、一時間単位で行動しているバッハマンです。日本に住んでいたらそれが普通なのでしょうか? 特別やることもなく、気ままに生活していた日々が恋しい。けれども、この忙しさからいつでも抜け出すことが出来るとわかっているのでそんなに…

教授の英語も完璧ではない。気ままにいこう。

ご機嫌よう。 先日、カントさん(仮名・恋人)と授業の後に会ったのだが、 教授の英語力の低さに驚きを隠せないようであった。 カントさんは、現在国内大学院にて、英語だけで修士号が取得出来るコースに所属している。 彼が在籍している大学院は、「国際性…

NYのタイムズスクエアに住むおじさんにナンパされた話

ご機嫌よう。 帰国してから数週間が経ちました。 米国に居た時と、そんなにやらなくてはいかないことの量は変わらないはずなのに、なぜかとても忙しい感じがします。 意識していないと、周りのせかせかとした感じやストレスに流されてしまいそうです。 慌て…

物が少ないことは気持ち良い。要するに物が多いと気持ち悪い。

ご機嫌よう。 先週帰国しました。 二週間のうちに、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本へ帰ってきたので体内時計はめちゃくちゃ。 沢山やりたいこと、やらなくてはいけないことがあるのにも関わらず、暑さや疲れを理由に怠けております。 毎日、少しずつ、や…

ヘルシンキでNight of Arts に参加。心が豊かになるこの感じ。

ご機嫌よう。 今回はフィンランド滞在中に書いた記事をアップ。 ... 現在フィンランド滞在中。 デンマーク、ニューヨークで負った心の傷や、異性に対する不信感を徐々に癒しつつある。 フィンランド人の友人が、色々な場所へ私を連れ回し、安心感と沢山のこ…

死ぬまで一緒にいるなんて言っちゃって。

ご機嫌よう。 RADWIMPSの七ノ歌を久しぶりに聴いていたら、何とも感情的な気持ちになった。 https://g.co/kgs/2HanWr I just wanna be with you Yes, I wanna be with you until I die というイントロで始まるこの曲。 ありきたりな歌詞かもしれないが、美し…

デンマークで本場のデニッシュを。妹と贅沢な時間

ご機嫌よう。 現在米国留学先からニューヨークへ渡り、現在は妹の留学先を訪ねデンマーク。 明日は、高校からの友人に会いにフィンランドへ旅立つ。 嫌なことも色々起きてはいるが、心に響く素敵な瞬間も沢山この旅行の中で起きている。 今は、なんとも想像…

初めてのカウチサーフィンー怖くて布団の中で震えていたー

御機嫌よう。 現在デンマークを旅行中です。 旅行中、楽しい思い出が沢山出来ていて、それを皆さんに共有したいところ。 しかし今日は忘れないうちに、ここ数日にあったことを記録しておきたいと思います。 … 現在留学中の妹を訪ねに、コペンハーゲン郊外へ…

アメリカの朝食文化 一日中胃もたれするけど、好きなんだ。

御機嫌よう。 最近は、米国でお世話になった人たちとお別れの日々でした。 離れることが分かっているから、その人を恋しく思うのだろうか? 色々な人に、 あなたのことを恋しく思うよ。 寂しくなるね。 なんて言われると、その場所を離れたくなくなってしま…

旅行前はいつも旅行を計画したことを後悔する

御機嫌よう。 私は、ほぼ例外なしに旅行の前は憂鬱な気持ちにさいなまれる。マレッジブルーに類似的。 何故この旅行を計画してしまったのだろうと。 ホテルの予約をしたり、交通機関、荷物の重量などについて調べたりしていると、とにかく憂鬱になるのだ。宿…

どんなに素敵な恋人だってうんちする。そんな関係が心地よい。

御機嫌よう。 申し訳ありません。下品なことを書きたいと言うわけではありません。 他人が、お手洗いで用を足している様子を見ることってあまりないですよね。特に女性だとそれが少ないかもしれません。男性のお手洗い事情あまりよくわかりません。 アメリカ…

初めてAirbnbで大失敗。注意すべき点まとめーアメリカ編ー

御機嫌よう。 アメリカでのサマーインターンも終わりに近づいています。気が付けば、アメリカ留学もあと数日で完全に終了です。 恋人達とお別れして、数週間旅行をしてから帰国予定です。アメリカへはまた12月ごろに、戻って来る予定です。それでも寂しい。…

暖色系の照明を見てノスタルジックな気持ちに

御機嫌よう。 高校時代の南米留学を機に、私は実家暮らしを卒業した。それからというもの、私は国内外様々な場所に点々と暮らしてきた。今後、実家に暮らすことはないだろう。あと10年もすれば、実家に暮らしていた年数より、他の場所に暮らした年数の方が長…

3人恋人が出来たよ。国際恋愛と複数恋愛(ポリアモリー)の同時進行ーカントさんとのその後ー

御機嫌よう。 カントさん(仮名、恋人)との複数恋愛に挑戦してみたものの、予期せぬ事態に爆発してしまったことまでは書きました。過去記事は、下に貼っておきます。 全く予想が出来ないことが定期的に起きる生活に私はかなり疲れを感じていました。 いつも…

メキシコ一人旅⑥国際女性デーに芸術的なマーチに参加。

ご機嫌よう。 メキシコ一人旅シリーズ。メキシコ旅行から気が付けば、4か月以上経ってしまった。本日は国際女性デーにマーチに参加したお話。 ****************** 国際女性デーとは、毎年3月8日、International Women's Dayと呼ばれる記念日。 ニューヨーク…

寝相の悪さはカップルにとって死活問題?

御機嫌よう。 本日は寝相について。皆さん寝相は良いですか? 私は結構寝相が悪いそうです。自分は寝ているので、どれだけ寝相が悪いかはあまり分かりません。それでも時々起きたら、180度反対の向きの時があります。自分でも驚きます。一瞬、「ここはどこだ…

英語を話す時、あいづちを打ちすぎるのは危険?

御機嫌よう。 今日は英語について。皆さん、英語を話す時どのようなあいづちをしていますか? 私は、映画やテレビドラマからの影響でしょうか?英語を話す=凄くアクティブな反応をするといって方式がずっと頭の中にありました。 実はそのあいづち危険かもし…

何で男がネイルしたらダメなの?*彼氏に深刻な顔でネイルをするのが好きだと打ち明けられた話

御機嫌よう。 **** 女性がメンズ系のファッションをしていると『ボーイッシュな人』という言葉でくくられることが多いだろう。変な目で見られることもないだろうし、賞賛されることもあるだろう。 では逆に男性がフェミニンな恰好をしていたらどうだろう…

スウェーデン人彼氏との複数恋愛(ポリアモリー)について④ついに私は爆発した

御機嫌よう。 スウェーデン人彼氏カントさん(仮名)との複数恋愛が始まったことはこれまでの記事に書いてきた通り。 ~数年の交際からポリアモリーに入るまでについての記事はこちらから↓~ ++++ ポリアモリーを始めてから数か月後、遂にカントさんが旅…

映画『パディントン2』が可愛すぎた 熊好きにはたまらないね

私はくまに目がない。パンダにはそこまで興味がない。彼たちもくまだけれども。例えば、大変性にオープンな親父熊が主人公である、映画『テッド』にすら若干愛着を感じてしまう。 モフモフした感じや、手(おててと呼びたくなる)の愛らしさにやられてしまう…

「女の子なんだから顔に傷があったら大変だ」そんなおじいさんの言葉に逆らう孫

女はこうするべきだ 男はこうするべきだ 女らしくない… そんなの男らしくない まぁそういう類の言葉が嫌いである。嫌いというか、消滅すべき表現だと思っている。 誰かが何かをしたり、そうあるべき理由は性別には関係していないと思うからだ。 日本語を話す…

いじめられていた頃の通学路を数年ぶりに爆走した話

御機嫌よう。一時帰国中に、実家へ二週間程帰省していました。 このブログからも伝わっているかもしれませんが、私は結構奇想天外な人間なのかもしれない。南米や、米国に居る時はそんなことは言われないが、日本に居るとよく「変わった人間」とか、良く言う…

スウェーデン人彼氏との複数恋愛(ポリアモリー)について③ ポリアモリーに挑戦してみた…

御機嫌よう。状況がだいぶ落ち着いてきて、気持ちにも余裕が出来てきたのでこの話題について書いていきたいと思う。 数年お付き合いしてきた、スウェーデン人彼氏カントさんが、ポリアモリー(複数間の恋愛)を私たちの恋愛に導入しようと提案してきたのは過…

超現実主義者の父と自由奔放な娘

御機嫌よう。 現在ビザの関係でアメリカから一時帰国中です。 今回は珍しく実家に長期滞在中。久しぶりにゆっくり両親と話す機会もあり、やはり日々家族の関係も変化していると実感。今回は、超現実主義、批判的な父との関係について書いてみたいと思います…

メキシコ一人旅⑤ タコスだけじゃないメキシコ料理

御機嫌よう。久しぶりのブログ更新です。 先週でアメリカの大学の授業を全て終えました。サマーインターンまでのんびりと過ごしています。 本日はメキシコ旅行中に食べた物についての紹介。一週間程度の旅行でしたが、メキシコ料理のバラエティの豊富さ、そ…

アメリカの大学に一年間全て無料で留学した方法①

御機嫌よう。今日はアメリカの大学に一年間無料で留学する方法について。私は一年間、アメリカに留学していますが最終的にはほぼ一銭も払っていません。留学を考えているが、金銭的な理由がネックになっている方などに是非読んでもらいたいです。 大学入学当…

メキシコ一人旅④ メキシコ国立人類学博物館で思わず笑ってしまった愛らしい展示物たち

御機嫌よう。本日はメキシコ旅行中に訪れたメキシコ国立人類学博物館について。 www.tripadvisor.jp http://www.mna.inah.gob.mx/ 私は旅先で博物館や美術館を訪れるのが好きだ。その土地の作品を鑑賞するのはもちろん、何を、どのように展示しているか気に…

スウェーデン人彼氏との複数恋愛(ポリアモリー)について② 理論はわかる。それでも辛い。

ご機嫌よう。数年間お付き合いしてきたスウェーデン人彼氏カントさん(仮名)とのポリアモリー(複数恋愛)について綴っていきたいと思います。私は、ポリアモリーについて専門的に学んだ経験もありませんので、あくまで個人の経験として捉えて頂けるとあり…

スウェーデン人彼氏との複数恋愛(ポリアモリー)について①

御機嫌よう。気持ち的にも整理がついてきたので、ずっと書きたかったこのテーマについて綴ってみたいと思う。複数恋愛、ポリアモリーについてです。話が長くなりそうなので、時系列に沿って少しずつ書いていきたいと思います。 +++ 「ポリアモリー(polya…

”普通”を嫌っていた日々。”普通”が恋しいこの頃。

御機嫌よう。 以前、某米国コーヒーチェーン店でアルバイトとして働いていたことがある。私はひねくれた店員だった。コーヒーのサイズや、飲み物の温かさを訊ねた時、 「普通で。」 と答えられるのが大嫌いだった。そもそも4つしかサイズがないので、どれが…