異郷からの少女

複雑性をこよなく愛する大学院生。南米・米国長期留学経験有り。フェミニスト🌱Why not?

沖縄でおじさんに混ざりながら大衆食堂「みかど」で夜ご飯

ご機嫌よう。

先月に引き続き、沖縄にてフィールドワーク中です。

せっかく都内から沖縄に来ているので、研究に直接は関係ないことも楽しんでおります。博物館・美術館へ行ったり、うちなーぐちの市民講座にお邪魔したり。あとはローカル食堂に通うのが密かな楽しみ。

研究に関係なさそうなことも、思わぬところで繋がったりするしね。

インタビュー中に、地元の人が「あれ食べた?」「ここ美味しいよ」と色々と教えてくれるので、そんな情報を頼りにお店開拓。

今回は、メディアでも結構取り上げられている、那覇の『お食事処みかど』で遅めの夕飯をいただきました。

店内は、お仕事帰りのサラリーマンが一杯やっていたり、常連さんらしきおじさんがコーヒを飲みながら、ボケ〜っとテレビを見ていたり。観光客もチラホラ。色々な人がまさに、チャンプルーされた空間で居心地が良かったです。

お店は、元気なおばさま方が、楽しそうに切り盛りしていました。店内の雰囲気も温かく好印象。

店内に置いてあった沖縄タイムズを読みながら、麩チャンプルーいただきました。

しばらくヨーロッパに滞在していて、白米をあまり食べていなかったので、大盛りのご飯に感激。もちろん完食です。

お麩って美味しいですよね。卵とかしっかり染み込ませて調理したら、お肉の代わりにもなりそう。

最近ゆるい感じでベジタリアンやっていますが、もう混ざっちゃってて何がなんだかよく分からないので、とりあえず完食。(ふふふ)

 食堂なのにコーヒーや紅茶、ハンバーガーと言った喫茶店メニューもあるようでした。

デザートには、場所を移動してブルーシールの紅芋ソフト。350円なのに結構大きくて、かなり食べ応えあります。

なんだか、フィールドワーク中にお腹周りが良い感じに成長しておりますが、それもまぁ幸せなことかな。

美味しいと思えるものを、食べたいと思う物を、大切に噛み締めて食べられる感じ良いです。

ではでは

摂食障害についてもまだ全然書き終わっていなかった…。