透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

恋愛において、片思いの時が一番楽しいのか否か

御機嫌よう。

 

この言葉、ふと考えてみました。

 

「恋愛って、片思い中が一番楽しいよね~」ふふふ

 

私自身も、何の統計的な根拠なしに

知人、友人に、家族にそんな言葉を投げかけた経験が御座います。

 

何故そのような言葉が存在しているのでしょうか。

私なりの見解です。

 
お友達の絵。彼はいつもキス場面ばかり描いている。ふむ。

f:id:transparentyflat:20170528073116j:plain

 

片思い中が一番楽しい理由説 自論

 

 

 

相手のことが良く分からないので、色々妄想して楽しくなったり辛くなったりするから(?)

 

という見解に、昨夜ベッドの中で辿り着きました。

 

例えば、

相手が、どんな気持ちを自分に抱いているか分かるようで分からない

(片思い)とりあえず、自分で想像してみる→ワクワクドキドキ

(両想い)相手が、自分にどんな気持ちを抱いてるか分からなかったら少し大変よね

 

相手から届くメール(あ、LINEですか)に一喜一憂

(片思い)どんな言葉が届くのかドキドキ、何かを思わせる言葉にドキドキ

(両想い)勿論、ドキドキするでしょう。

    しかし、毎日ドキドキ、憶測を広げているわけにはいきません。

    胸が破裂します

 

知りたいことが沢山、、、!けど聞けない、、、!


(片思い)小さな情報でも嬉しくなる。とにかく想像(妄想)してみる

(両想い)妄想する前に、大抵のことは直接聞いてしまう。

 

 

要するに、(私の場合)片思い中というのは

妄想のかたまりなのでは・・・?

 

情報が少なすぎるがゆえに、様々な妄想を片思い中は繰り広げることが

出来るのではないのでしょうか?

 

それと比較して、両想いになり更に時間が経つと

自身が勝手に繰り広げていた妄想が

良くも悪くもガタガタと崩れ落ちていく。

 

勝手に繰り広げていた、妄想と現実との狭間で

 

「恋愛って、片思い中が一番楽しいよね~」ふふふ

 

 

なんて言葉を発してしまうのではないのでしょうか。

 

何が一番楽しいのかは知りません。

 

しかし、好きな人に出会えることも

また縁あって好きな人に好かれるのも、好かれないのも

結構幸運なことのように思えるのです。

 

相手に、片思い中が

「黄金期だったね ふふふ」

とシニカルに言ったこと反省しております。

 

結果妄想の炸裂だったのかしら。

 

 

御機嫌よう。

良い一日を