透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中。南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

二度目の長期留学開始。遠距離恋愛のすゝめ

 
 
 
御機嫌よう。
 
皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
私は現在、アメリカ合衆国にて細々と留学生活を送っております。
(小麦が主成分の食べ物ばかり食べているので、身体はふとぶとしてまいりました。)
 
 
カント(恋人・仮名)と私は遠距離恋愛というわけでございます。
 
次会えるのは、一時帰国する3か月後かな。

f:id:transparentyflat:20170827134135j:plain

どこまで続くこの遠距離恋愛…恐らく一年後には同棲始めます。

ちなみに写真はドイツの美術館

 

 
実は、今回が私たちにとって初めての遠距離恋愛というわけではなく
これまでお互い自由に、色々な国に住み学び生きてきました。
 
私は高校時代に南米に長期留学
そして現在は米国留学中。
 
カント(恋人・仮名)はパリに3年、ドイツに1年留学。
そして、今月末から来日し
日本での留学生活をスタートさせます。
日本に住む皆さま、どうぞよろしくお願い致します。(=゚ω゚)
 
 
カント(恋人・仮名)が、日本へやって来るのに
私は米国留学中。
 
これも二人で決めた選択です。
 
勿論、二人で共に過ごすことが出来れば
私たちはこの上ない幸せを感じることが出来ます。
 
しかし、一緒に居るということだけを視野に
お互いが切望する経験をしないというのは
20代である私たち二人、そして関係にとって
不健康で、不利益であると考えています。
 
今経験しておきたいことを存分に経験し
共に生活を始めた時に、
より濃厚で惹かれ合うような
二人になろうということです。笑
 
私は、様々な言語、知識を駆使し
多様な価値観、文化を考察する
カント(恋人・仮名)さんに、いつも惹かれますし
私も、彼にとってそのような存在でありたいと思っています。
 
なので、一緒に居たい気持ちを我慢し
勉強しているのです。
(※留学している理由の一部…。色々理由はあります。)
 
 
一年前、日本へやって来ることが決まっていたカント(恋人・仮名)さんに
米国留学のチャンスがあると伝えた時に、彼は嫌な顔一つせず
凄く喜び、応援してくれました。
 
 
驚きですよね。
 
 
パートナーのために(それも一部の理由ですが)
日本へ来ることを決めていたのに、
その肝心のパートナーはアメリカ合衆国へ留学しようとしている。
そしてそれを、快く応援。
 
そんな全面協力もあり、私は現在留学中というわけであります。
 
スペイン語能力ゼロから始めた南米留学とは異なり
大抵のことは難なくこなせてしまう英語圏への留学。
 
若かった10代…。
あの頃、留学中に感じていたような
「日々冒険✨」そんな体験はここにはありません。
 
ただ、あの頃に比べて少しは成長した私が
今だからこそ学べることが色々とあると思っています。
 
特に、自身の研究(米国における移民)については
日々米国の政治的な状況は変わってきていますし
様々な意味合いで、良くも悪くもグッドタイミングだと思っています。
 
話はそれてしまいましたが、
私は遠距離恋愛は、遠距離恋愛なりの
良さがあると思っています。
 
パートナーが、世界の遠く離れたところで得た情報を、
自分のためにシェアしてくれる。
 
日常で発見したことを、
世界のどこかに生きるパートナーに伝える。
 
私たちは、そんなことを日々楽しみながら
関係を構築しております。
 
ただ、4か月に一度位は会いたいです。
(会います。)
 
 
御機嫌よう。