透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中。南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

とにかく褒めてくるアメリカ人。声に出すことの意味とは。

 

 

御機嫌よう。

 

米国留学中のバッハマンです。

 

キャンパスが、そこそこの田舎に位置しており、

エキサイティングな場所はあまりなさそうです。

そのため、行動範囲おおよそ半径?1㎞の日々です。

 

 要するに、キャンパスからほぼ出ていない。

確か来週は、Labor-Dayで授業がない日があるので

探検してみようと思います。

 

学校がなかったら、こんな場所絶対来ません。

 

都会に住むことを好む私が、

気を確かにしていられるのは

授業、そして人との交流でしょう。

f:id:transparentyflat:20170829045936p:plain 

 

そんな中、最近気が付いたこと。

 

アメリカ人。アメリカに長く住んでいる方。

とにかく褒めてくるような気がする。

 

褒めるっていうのもありますが、よくコメントを言ってくるような気がするのです。

 

例えば、道を歩いていたら、

「Hey!!」 

 

(私)「ドキっ…何か悪いことでもしたかしら…」

 

「Youのワンピース最高!あんた良いセンスだね!」

 

(私)「え?あ、え?Thank you...というか、もういない…!」

 

とか。寮を出たら、

「ずっと言いたかったんだけど、あなたのメイクとかファッションセンスとか、

本当全部素敵だと思う!それが言いたくて!じゃ!」

 

とか、見知らぬ人が言ってきてくれるんです。

私は、あくまで母から譲り受けたような服を着ており

センスがあるなんて到底思いません。

 

それでも、こうやって誰かが私のことを見てくれているんだとか、

別にセンスないように見えるものでも、他人にとってはセンスのあるもの

という事実を知ることが出来るのって素晴らしいと思います。

 

もし、彼女・彼がそんなことを声に出して言わなければ、

他人が、そんなことを考えているなんて到底分かりません。

 

ましてや、文化・言葉・社会構造が異なる場所であったら尚更

 

それに加えて、米国の授業ではディベートが重要視されるとか

発言しない生徒はないもの扱いされるとか

そんなことを、日本の世論で耳にしたことがある人もいるかもしれません。

 

それも、やはり類似的な理由なのかもしれません。

声に出すことで初めて他人に理解してもらえる。

もしくは、何かを考えているということを示すことが出来る。

とかね。

 

授業の質にもよりますが、結構どうでもよいことでも

皆さん堂々と発言し、他人もそれを一程度聞き入っていると思います。

 

胸の中に、言葉をしまっておくことも好きですが

時々、頭に浮かんだ言葉を投げかけてみるのも良いかもしれません。

 

 

そんなことを考えているバッハマンでした。

 

御機嫌よう。