透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

【アメリカ留学】出会いを求め、カウチサーフィンを使ってみました。

ご機嫌よう。

 
先日、アメリカ国内を旅行してきました。その際初めて"カウチサーフィン"Couchsurfing を使ってみました。
 
カウチサーフィンとは

 

「couch surfing」の画像検索結果
海外旅行などをする人が、他人の家に宿泊させてもらう(カウチをサーフさせてもらう)という形式の相互的な思いやりや信頼による制度である。

CouchSurfing International Incはアメリカ合衆国ニューハンプシャー州の非営利法人であり、正規の慈善団体である。

「より良い地球創りに1カウチずつ、貢献を。」がCouchSurfingの精神である。世界各地における個人、場所などを繋げることにより、国際交流、異文化理解、寛容さなどを促進し、文化や国を超越する意義深い繋がりの創造を目指している。

(wikipediaより)
 
今回の旅行では、既にホテルを予約していたので”ハングアウト”(hangout)という機能と、旅行先に住んでいるホストに直接連絡をしました。
 
2日間の旅行でフィンランド人、日本人、アメリカ人に会うことが出来ました。
お互いの留学生活や旅の経験について話したり、美術館に行ったり、夕食を共にしたりしました。
 
旅行先でしか会えない人との出会いは旅の経験を何倍にも素晴らしいものにしてくれました。
「travel illustration」の画像検索結果

 

 
 
使ってみた理由
 
そもそも私がカウチサーフィン使った理由ですが…
 
○せっかく他の街に出掛けるのだから、普段会えないような人と接したい。
○色々な人に会って、気分をリフレッシュしたい。
○他人が加わることで、想定外の面白いことが起こるのでは…
 
そんな感じでしょうか。
良い意味で期待を裏切られませんでした。
 
 
カウチサーフィンを使うメリット、デメリット
 
メリット
 
効率的に様々な出会いに巡り合える。
 
皆様、道端で全く知らない人に話しかけたりしますか?
 
私は時たまします。カントさんは2週間に一回位、道で知り合いを作っていると思います。(これについては別記事を書きたいと思います。)
 
普段の生活では、慣れ親しんだ友人やコミュニティで過ごす時間が大半だと思います。加えて、コミュニティに居るだけでは、自分とは全く異なる生き方をしている人や、職業の人、年齢の人に会う機会は少ないと思います。
 
しかし、多様な人と関わることは、双方の視野が何倍にも広がる絶好の機会だと思っています。
 
なので、誰かと知り合いたい。
 
ただそうなると、
①道で人に話しかける
②ネットを通じて知り合う
③バーなどに行く
 
だいだい、このような選択肢位しかないよな気がします。
 
私の場合、道で人に話しかけるのは勇気がいります。もしかすると、日本社会ではただ話してみたいだけでもナンパという言葉で分類されてしまうかもしれません。
 
これまでも道で知り合い、私の大切な友達になった人も沢山います。
ただ、それにはエネルギーも時間もタイミングも必要旅行という限られた時間では難易度が高い。
 
こぼれ話ですが昨日寮のイベントに参加した際、たまたま隣にいた学生がいきなり
「あなたのこと頻繁にキャンパスで見てたけど、いつもお洒落でゴージャスだと思ってたの!話してみたかった!」
注)大半の学生が、大学のロゴが入った服を着用しているキャンパス内では何を着ていてもお洒落には見えるだけです…。ゴージャスでも何でもありません…(・.・;)
 
と言ってきてくれました。嬉しい反面、何故これまで話してくれなかったんだ…。とも思いました。そのような状況を踏まえても、他者との交流を開始するのはなかなか難しいのでしょう。
 
②バーは興味がない。行ったら行ったで面白いと思うけど。
 
そうなるとネットに辿り着くわけです。
 
カウチサーフィンのプロフィール欄には、その人の興味があることや、話せる言語、滞在した国などが確認出来ます。
 
プロフィールをしっかり読んで、話してみたい!会いたい!という人にメッセージを送りました。そのためか、話も弾み刺激的で充実した時間になりました。
 
デメリット
 
なかなか予定が決まらない。
 
カウチサーフィンからのメッセージを頻繁に見ていない人が多いためか、人にもよりますがレスポンスは遅めの印象でした。
 
今回は会う数時間前まで、場所や時間を決めたりしました。
こまめに携帯を見る癖のない人間なのでそれは少し面倒でした。
 
今回は、一緒に出掛けるだけなので、会えなくても特に問題にはなりません。
ただ、泊めさせてもらうことが目的の場合は難易度が上がるでしょう。
 
まとめ
 
今回会った、3人の方々全員が口を揃えて「カウチサーフィンって良いアプリだよね。」と言っていました。
 
日常生活では交流しにくい人と出会うことで、自身や相手の価値観がより一層深く、多様になっていくきっかけになるのではないでしょうか?
 
オススメです。
 
旅行をしない人でも、住んでいる街へやって来る旅行者へメッセージを送ることも出来るそうです。
 
御機嫌よう。