透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

メキシコ一人旅② インドア派の観光旅行

御機嫌よう

 

本日は、インドア派の観光旅行と題してメキシコ旅行中に訪れた映画館やその映画について書きたいと思います。

以前の記事にも書きましたが、メキシコの映画館はとにかく安い。

 

transparentyflat.hatenablog.com

 モールなどにある映画館の場合400~300円程度。

シネテカナショナル(国の映画館)は学生料金120円程度でした。 

***********

メキシコ滞在中に2回映画を観ました。観光に疲れた時の休憩として映画館に足を運ぶのも良いかもしれません。

今回観た映画は、Lady Bird(レディー・バード)とThree Billboards Outside Ebbingスリー・ビルボード

どちらも米国映画です。ハリウッドの力強しです。ため息。

それでもLady Birdは気に入りました。

「lady bird」の画像検索結果

ストーリーは典型的なティーンエージャーが現実世界に葛藤しながらも、どうにか道を切り拓いていく系のお話です。

ありそうな話が、そのまま描かれていて心に浸みました。

それぞれが置かれている、どうしようもない状況がひしひしと伝わってきて数回涙。 

f:id:transparentyflat:20180319063015p:plain

誰にでもありそうな場面で溢れていて、微笑ましくなりました。

f:id:transparentyflat:20180319063323p:plain

お互い想い合っているのに、ぶつかってしまう二人。

米国留学中に目にした風景や、人々に類似的な点も多く親近感も湧きました。

まだ日本では公開されていないのでしょうか?オススメです。機会があれば観てみて下さい。

***********
Three Billboards Outside Ebbingスリー・ビルボード)はシネテカナショナルにて鑑賞。

http://www.mexicoescultura.com/galerias/espacios/principal/cineteca.jpg

Cineteca Nacional MEXICO

とても立派な映画館でした。メキシコは、お金がある場所とない場所の落差が激しい。映画館に向かう道は、ボコボコで決して綺麗な通りとは言い難い。それでも、いきなりこんな映画館が出現するもんだから驚きです。

シネテカナショナル(Cineteca National)では低予算映画や、世界各国の映画も上映しているようでした。映画好きには必見のスポットでしょう。

日曜日は屋外での映画上映も行っているようです。

f:id:transparentyflat:20180319065726p:plain

屋外映画館

緑が多い館内。喫茶店やレストラン、本屋さんもあります。

f:id:transparentyflat:20180319064033j:plain

若者が多かったような


 

f:id:transparentyflat:20180319064214j:plain

f:id:transparentyflat:20180319064127j:plain

デートスポットなのでしょうか?若者多し。

普段インドア派な私にとって、旅行中常に動き回っている気力がありません。

それでも部屋に閉じこもっているのは気が引けてしまいます。そんな時の対策に映画鑑賞は最適でした。クーラーも効いているし、座っていられます。そしてメキシコの場合お手頃価格。

しかも、私の場合旅行中は思考が普段よりも柔軟で色々な物事を吸収しやすいです。そのため旅先で観た映画は思い出の一本にもなりやすい。

***********

シネテカナショナルの近隣には美術館や公園もあるので、オススメの場所です。

ではでは御機嫌よう。