透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

無料で読めるおススメの漫画~暇つぶしに何かを学びたい人へ~

ご機嫌よう。

イースター休暇中のバッハマンです。風邪を引いた気がしますが気にしません。

病は気から。美味しいものを食べて、お布団の中でダラダラ過ごしています。

普段であれば罪悪感に苛まれてしまうことでしょうが、風邪を理由に何でも可能です。

 

最近ひょんなことからツイ4という四コマ漫画のサイトを見つけました。恐らく、ハフィントンポストのこちらの記事から。

www.huffingtonpost.jp

+++

おススメ漫画① 『サトコとナダ』

「サトコとナダ」の画像検索結果

『サトコとナダ』という、アメリカ留学中の日本人サトコサウジアラビア出身のナダの共同生活を描いた作品です。

日本人留学生のサトコのルームメートは、イスラム教徒のナダ

「サトコとナダ」の画像検索結果

ハフィントンの記事に概要はまとめられていますので省略しますが、イスラムという普段多くの人にとっては親しみがないかもしれない宗教・概念について、ルームメイトという非常に近い存在の視点から学ぶ、もしくは見ることが出来る漫画です。

「サトコとナダ」の画像検索結果

私もイスラム教徒の友人がいますが、これまで彼女の宗教観などについて話したことがあまりありませんでした。勝手に触れてはいけないものと自分の中で認識していたのかもしれません。

勿論、ずけずけと人の信仰について興味本位で聞くのも失礼に当たるとも思います。けれども、この漫画を読んでから、一人の友人を理解するという観点から彼女の信仰について聞いてみても良いのでは?と思うようになりました。

f:id:transparentyflat:20180401094410p:plain

サトコとナダ

また、イスラム教に関するステレオタイプやスティグマを取り払うのには素晴らしい作品だと思いました。もしかした、難しい言葉を並べて何かを説明するよりこのような芸術作品を通して世論に訴えていたった方が効果的なのでは?とも少し思いました。最近その分野にも興味があります。

また『サトコとナダ』は、西本マリーさんというイスラム教徒でイギリス出身のジャーナリストが監修しているそうです。そういった専門家のチェックが入っている点も素晴らしい。

また、サトコの留学生活や彼女が成長している様子などの描写も好きです。私も米国留学中のということもあり親近感が湧きました。

是非読んでみて下さい。

+++

おススメ漫画② 『ハリネズミのハリー』

「ハリネズミのハリー」の画像検索結果

sai-zen-sen.jp

f:id:transparentyflat:20180401094917p:plain

ハリネズミのハリー

わけあって街でフリーハグをしているハリネズミのハリー。ただ、皆針が刺さるのが嫌なので全くハグをしてくれません…。

「ハリネズミのハリー」の画像検索結果

凶暴で悪者とされている狼も実は優しい心の持ち主。この漫画には色々な動物が出てきます。動物好きの方にはたまらないシーンが沢山あることでしょう。

「ハリネズミのハリー」の画像検索結果

一見動物が、夢に向かって頑張ったり、失敗をしてしまう漫画にも思えますが深い意味もありそうだなと感じました。

生まれ持った見た目や、特定の人々に向けられているステレオタイプを乗り越えることの素晴らしさが描かれているように思えました。ほのぼのとした漫画ですが、色々と考えることはありそうです。

+++

おススメ漫画 『レキアイ!』

「レキアイ!」の画像検索結果

sai-zen-sen.jp

 歴史上の人物について「愛」という観点から描いた作品です。

もともと伝記が大好きなバッハマン。小学生の頃は、図書館にある歴史上の人物の伝記を読んでは色々と憧れを抱いていました。やっぱり人の人生はどんな小説よりも面白いかもしれない。

f:id:transparentyflat:20180401100258p:plain

ナイチンゲール

ナイチンゲールゲーテについてのお話があります。短編漫画ですが、クスクスと笑ってしまいました。また新しく学ぶこともありました。何より、その人物に対するイメージが湧きやすい。

勿論漫画から全てを学ぶことは難しいでしょうが、学びのきっかけにはとても良い方法だと思います。

+++

以上です。おススメの作品がありましたらコメントお願いします。

今日の音楽 映画『タレンタイム』から 

ちなみにこの私のお気に入り映画です。この作品についても色々書きたいです。

youtu.be「 偏見に満ち溢れた世界は僕の敵」

良い週末を。