透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

3人恋人が出来たよ。国際恋愛と複数恋愛(ポリアモリー)の同時進行ーカントさんとのその後ー

御機嫌よう。

カントさん(仮名、恋人)との複数恋愛に挑戦してみたものの、予期せぬ事態に爆発してしまったことまでは書きました。過去記事は、下に貼っておきます。

全く予想が出来ないことが定期的に起きる生活に私はかなり疲れを感じていました。

é¢é£ç»å

いつも心のどこかで、「今は幸せだけれど、また何かがあったら…」と思う日々。ポリアモリーをしている以上、その私が恐れる何かは起こって当たり前なのですが。

前回記事で紹介した通り、カントさんに大爆発してしまった私は一度関係に区切りを付けました。それもかなり強引に。

***

カントさんは私にとって、かけがえのない大切なパートナーです。彼は、恋愛パートナーでもあり、人生のパートナーでもあり、研究のパートナーでもあり、遊びのパートナーでもあります。ポリアモリーに入ったからといって、それが変わるわけでもありません。

ãcouple illustration tumblrãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

また、個人的にポリアモリーは頭の中では理解出来る概念でした。もし、私がポリアモリーが一般的な世界で育っていたら、特に問題もなかったかもしれません。

 

カントさんと恋愛関係を続けたい。

モノガミー(単数恋愛)よりポリアモリー(複数恋愛)の方が自分に合っているかもしれない。

 

そんな想いを胸に、カントさんとのポリアモリーを続けていました。しかし、全く予測出来ないカントさんの行動や、安定しない日常生活に一瞬嫌気がさしました。そして爆発しました。

 

***

そこから三か月ほど、私は全くカントさんと連絡を取らず、米国で新しい出会いを構築することに専念。恋愛に留まらず、友達と普段以上に出かけたり、留学先でしか出来ないような経験を積極的にするようにしました。

ãcouple illustration tumblrãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ポリアモリーをしているのにも関わらず、カントさんの行動を認められなかったのは私に非があるでしょう。しかし、当時の私には一度、カントさんと距離をとって、関係を見つめなおす必要があったと思います。

色々な人に数か月間で出会いました。自分の意志で、能動的にポリアモリーを行うことで、何となくポリアモリーが理解出来てきたようにも思えます。

é¢é£ç»å

結局、一時帰国時にカントさんとはよりを戻しました。現在、恋人のような人はカントさんを含めて3人。( カントさんもびっくり)

皆さん、日本人ではないのでポリアモリーをしながら、国際恋愛中です。やっぱり、ポリアモリーモヤモヤすることもあります。逆に、世間一般的なモノガミーの概念に苦しめられることもあります。

***

今後も色々と試行錯誤しながら、自分が、そして大切な人が幸せになれる方法を模索したいと考えています。

それは、モノガミー、ポリアモリー国際恋愛異性愛、同性愛、…そういった言葉で分類出来るものでもないかな。

まぁ三人恋人がいたら、それなりに色々ありますので、それについては今後ゆっくり書いていきたいと思います。

御機嫌よう。

 

~過去記事~ 

transparentyflat.hatenablog.com

transparentyflat.hatenablog.com

transparentyflat.hatenablog.com

transparentyflat.hatenablog.com