異郷からの少女

複雑性をこよなく愛する大学院生。南米・米国長期留学経験有り。フェミニスト🌱Why not?

100着以上の服をリサイクルショップに売る(あげました)ーお引越し日記#2ー

御機嫌よう。

昨日もお引越しのための片付けをしました。実は私、これまで住んできた国々、家々に私物を放置してきているんです。基本人の家です。(迷惑よね)

「また来年帰ってくるから〜」

って言って、帰った国・場所は少ない。世界中の部屋を汚しているわけだから、今住んでいる部屋が綺麗でも、完全に整理されたような気分にはなれない。

ということで昨日も、ある場所の片付けをしてきた。洋服の片付けを重点的に行う。結果、100着以上の服、カバン、バッグを手放すことにした。世界中から買い集めてきた服を手放すのは心苦しい。しかし、クローゼットの中に眠っているだけな服は、可哀想。(だろう)

ということで思い切って、「ときめかない」モノとはお別れすることに。

100着以上と聞いて、「なんて無駄な消費行動を繰り返してきたんだ」と思う方も多いかもしれない。ただ私は結構、人からお財布の紐が硬いと言われているし、自分でも物を買うのには慎重な方だと思っている。ファッションは好きだけど。

そんな私でも簡単に100着いらない物を買ってしまうんだから、驚きだ。

片付けの前は、ファッション雑誌を読んでイメトレ(笑)ありたい自分の姿を想像したり、何を大切にしたいか心に決めてから片付けに取り組んだ。そうすることでお片付けも結構スムーズに進んだ。

さて、100着をセカンドストリート(リサイクルショップ)に売って、1500円程度の売り上げ...。海外からの古着とかはそんなに値段もつかないのだろう。ブランド!って服着てないしね〜。

値段で考えると、100着の服に全く価値がないようにも感じられる。けど、また今回売った服が誰かの元へ渡って、着てもらえると思うとその価値は計り知れないでしょう。リサイクルショップという空間も大好きなので、少しくらい私のいらない物で儲けて欲しい!メルカリに売っても良いけど時間はかかるし。捨てたら、木っ端微塵にされるか、燃やされて終わり(?)だしね。

売れないような服や布は、H&Mのリサイクルボックスへ。

f:id:transparentyflat:20201229232113j:plain

どんなブランドの物でも取り扱ってくれるよう。実際この服がちゃんとリユース、リサイクルされていますように。(H&Mには至ってスケプティカルである)

一応リサイクルのフローについての展示物も置いてあった。これがビジネスモデルとして成り立つのであれば、結構関心ある。

f:id:transparentyflat:20201229232117j:plain

 

片付けは反省の繰り返しですね〜。

今日はここまで。バーイ