透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

彼氏の不成功を願う、どうしようもない私。

 

ご機嫌よう。

本日を持ちまして、米国留学も半分終了しました。今週末には日本に一時帰国します。

 

米国留学第1タームを終えての感想

正直言って不完全燃焼です。頑張ろうとしたが、どうにも自分が思い描いているようには上手く行かなかったというのが現実でしょうか。

 

最も満足出来ていない点は、自身の英語力です。

f:id:transparentyflat:20171213060422p:plain

 

私には高校時代、スペイン語の知識ほぼゼロで南米に留学した経験があります。現在も、スペイン語は継続して学習していますが、英語よりも心理的に得意な言語です。

 

私は、米国留学に来る前まで

「数か月でスペイン語をある程度習得出来たのだから、何年も学んできた英語に磨きをかけるのなんて簡単なことだろう…」

そう高を括っていました。

 

しかしながら現実は、私自身が目指している英語能力とは程遠い状況…。

 

5か国語話せる彼氏、3か国語も微妙な私

スウェーデン人彼氏カントさん(仮名)は、五か国語話せます。時々、Youtubeとかに居ますよね。とにかく様々な言語を話す人。それがカントさんです。

 

f:id:transparentyflat:20171213060541j:plain

 

特に彼が言語ヲタクというわけでもないのですが、

スウェーデン語・フランス語・英語(ネイティブレベル)

ドイツ語(ほぼネイティブ)

日本語(中上級)

中国語(初級)

が話せます。あと、ラテン語ギリシャ語も読み書き出来ます。

 

時より、私の知らない漢字もお手紙に書いてくるような方です。

他人と比べても仕方がない。そんなこと百も承知しています。

それでも、英語もスペイン語もネイティブレベルとは程遠い私は劣等感しか抱かないのです。

 

f:id:transparentyflat:20171213060642j:plain

 

最近は、私の英語能力向上のために二人では英語で話すようにしています。

しかし、カントさんに英語で話すのが恥ずかしくて恥ずかしくて恥ずかしくてたまらないのです。


英語を話すとぶっきらぼうで、不幸せに見えるらしい。


(そりゃ、上達しないでしょう…!)

 

十数年、英語を学習していて、米国留学の半分が終わった今日この頃。

英語教育で有名な日本の大学で学んでおきながらも、

研究者を目指していながらも、残念な英語の私。

 

こんな状態で一時帰国したくない。(会いたいです。会いたくて仕方ないです。)

そんな複雑な心境です。

 

月に三回モデルとしてスカウトされたらしい。

 

言語の面でモヤモヤした日々を送っていた近頃ですが、更なる追い打ちをかけられました。

 

カントさん都内で、今月三回モデルとしてスカウトされたらしいです。

それも、名のしれた企業から。先ほど、二次審査へ呼ばれたと連絡がありました。

 

遅かれ早かれ、カントさんは日本でモデルのアルバイトをすることになるでしょう。

 

自分のパートナーが、新しい世界を探検するという経験を素直に応援出来ないバッハマンです。

 

頭も良くて、世間的に容姿も良い(?)カントさんが何故、私と居たいのか。あまり分かりません。自信という自信がどこかへ消え去ってしまいました。

 

劣等感にさいなまれています。

f:id:transparentyflat:20171213060240j:plain

 

一緒に居たいから一緒に居る

 

カントさんは、いつもこう言ってきます。

 

「一緒に居たいから一緒に居ます。」

 

うん。そうなんだけどさ…。本当にそれで良いの?そう聞き返してしまうのです。

 

本当は心の底から、カントさんの成功をお祝いしたい。

(モデルになること、言語能力向上がカントさんにとっての成功だとは思いませんが…)

それと同時に、何かと上手くいかない自分に焦り、劣等感を感じ、私たちの関係の意味まで疑ってしまっているのだと思います。

 

最近では、日本人女性のお友達も沢山出来たようで…。

頻繁に色々な方のお宅に招待され、ケーキをいただいたり、イルミネーションを見に行っているらしい。

 

逐一報告され、私の胸は痛む一方…。

f:id:transparentyflat:20171213060235j:plain

そんなの気にしていても仕方ないのですが、時より比べてしまうのです。

何で私が貴方の彼女なの?

 

とはいえ、私自身もカントさんと付き合っている明確な理由なんてないんですよね。

一緒に居たいから居る。それでも、私は劣等感を抱き、カントさんが遠い存在になってしまうのではと一人ヤキモキし涙しているのでした…。

 

 

ご機嫌よう