透明と平等 時々嫉妬

複雑性をこよなく愛する女学生。米国留学中・フェミニストクラブに気ままに所属。高校時代南米長期留学経験有り。透明と平等を重要視した国際恋愛中。

遅すぎた東アジア

三泊四日でソウルに行って参りました。

 

これまで南北アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸には

何度か住んだり、知人を訪れたことがありました。

 

しかし、日本以外のアジアに行くのは初めて。

 

何故これまでアジアに目を向けていなかったのでしょうか。

残念無念

 

目を向けていなかったわけではない

ただ、機会がなかっただけかもしれません。

 

観光旅行が性に合わないので、

普段海外に渡航する際は

留学か知人訪問です。

 

そんな訳で、今回ソウルに留学中の友人を訪ねました。

 

タイミングとタイミングとタイミングと

気持ちと、少しの計画て生きている私。

 

JTBのwebサイト限定で、

3泊4日25000円(送迎込)プランで行ってきました。

 

こんな時期ですが、行って本当に良かったと思います。

 

日本のメディアによって、知らぬ間に形成されていた

韓国人に対するステレオタイプを良い意味で

優しく壊してくれました。

 

勿論、短期間で韓国の全てを知ったなんて

申しません。

 

ただ、どう自身の経験抜きに

勝手にある国の人々の様子や思想を

理解することが出来るのでしょうか。

 

勿論、主観だけで理解出来るものでもないと思っています。

 

正直に申しますと、

初めは地下鉄内で日本語を話すのも躊躇していました。

 

 

ただ、知ることなしに

勝手な恐怖心を抱いたり、警戒したり

無限の憶測を広げるのは危険で損だと

今回の旅で実感しました。

 

f:id:transparentyflat:20170526225428j:plain

*1

もっと早くに、アジアに進出するべきだった。

これからですな…。

 

 

 

 

 

 

*1:JUMPというアクロバティックなショーを観終わった後…